銀行・保険会社

生命保険を利用して相続税対策ができると言われています。平成27年から相続税の改正で基礎控除が引き下げられ、相続税の対象者が増えました。そこで相続税対策として有効なのが生命保険といわれ、相続税対策として生命保険を活用する場合、非課税枠活用による財産評価の引き下げや遺産分割、納税資金準備といった点でメリットがあると言われています。

現金でそのまま持っているとその金額が相続税の対象とされます。しかし、生命保険の死亡保険金で受け取ると控除が受けられて、有利になるのです。また、現金や不動産で財産をもっているとすぐには遺産分割できず、争いが生じることもあります。生命保険の死亡保険金は受取人固有の財産となるので、遺産分割協議の対象外となり、特定の相続人だけを受取人指定することができて財産を残せます。また、受取人を指定すると遺言と同じ効果が得られます。

遺産のほとんどは不動産という場合、突然多額の相続税納付を行わねばなりません。それに対し、生命保険の死亡保険金なら受取人指定で、書類を用意するだけで1週間程度で受け取れます。

保険会社や、このような金融商品を扱う銀行などにあらかじめ相談して金融商品を購入することで相続相談と同様の効果があるといえます。

弁護士・行政書士・司法書士

相続と一口にいっても、相続の内容は人それぞれです。一般的に相続がある場合、税理士に依頼するといいと言われていますが、例えば、相続財産の内容などについて複数の相続人がおり、話し合いがまとまっていないという場合は、先に話し合いをまとめることが必要になりますので、その場合は税理士よりも弁護士に依頼する方がメリットが大きいといえます。それぞれの相続には違いがありますので、その状況にあった専門家に依頼することが大切です。

例えば、相続財産が基礎控除以下の場合は司法書士が、相続財産が基礎控除を超える場合には司法書士や税理士が、相続する建物が未登記の場合は司法書士か税理士が、相続争いが起こっていて、代理人を立てたい場合には弁護士など、頼むべき専門家が異なってきます。

不動産の名義変更や、生命保険で完済した場合の抵当権の抹消、銀行、証券などの各種財産の承継手続、遺言の執行、相続放棄手続きなどがあれば司法書士に依頼する方がいいといえます。

このように、相続と一口にいっても、相続の内容は人それぞれ違います。一般的に相続がある場合、税理士に依頼するといいと言われていますが、相続の内容などに応じてその状況に合った専門家に依頼することが大切といわれます。

相続税の申告は税理士へ

相続の手続きには、多くの書類作成が必要になります。また、相続税の申告には期限があらかじめ定められています。期間内に行わなければペナルティーも課されたりします。相続税の申告は、自身で行うことも可能ですが、もし間違ってしまうと、後から修正申告しなくてはなりませんので、最初から税理士に依頼しておくと、全て任せてしまえるので気が楽になります。

自身で申告をする場合は、相続税の申告手続きのプロセスについて知っておくことが必要になります。その過程で、複雑な土地評価などの出し方も知っておかねばなりません。

税理士に依頼すると、様々な特例を活用してもらえたり、適正土地評価によって申告まで行ってもらえ、トータルで考えると自身で申告する相続税より申告額が少なくなる場合もあります。そのため、相続税の申告は総合的に考えると、税理士にお願いする方が時間も労力も少なくてすむというメリットがあります。

相続税の計算や申告は、相続財産の評価を行う必要があり、計算式も様々あり、ルールに基づいてそれぞれの相続人の納付する相続税額を計算します。計算方法は素人では難しいといわれますので、相続税の計算は税理士に依頼する方がスムーズです。

相続相談に適した専門家

相続手続きには、期限が設けられ、多くの書類の作成も必要になります。期間内に相続申請を行わなければ罰則規定もあります。相続税の申告は、自身で行うことも可能ですが、間違って申告してしまうと、後から修正申告しなくてはなりません。このようなことを考えると、あらかじめ相続税などについて専門家に依頼しておくと、全て任せてしまえるので安心です。

無料で相続の相談ができる場合もありますので、自身の状況に応じた専門家に依頼することがお勧めです。相続と一口にいっても、相続の内容は人それぞれです。相続がある場合、税理士に依頼するのが一般的だと考えられていますが、相続財産が基礎控除以下の場合には司法書士へ依頼する方が合っていると言われたりします。また、相続財産が基礎控除を超える場合は、司法書士や税理士が、相続する建物が未登記の場合は司法書士か税理士が、相続争いが起こっている場合には弁護士などに依頼する方がいいと言われています。

それぞれの状況に応じて、頼むべき専門家が異なってきますので、どの専門家に依頼するのがメリットが大きいかについてよく検討してから依頼するようにしましょう。

相続手続きには、期限が設けられて多くの必要書類作成が必要となります。それぞれの相続の状況によって依頼する専門家は異なってくると言われますので自身の状況に合った専門家を選んでお願いすることが相続についてのポイントです。