弁護士・行政書士・司法書士

相続と一口にいっても、相続の内容は人それぞれです。一般的に相続がある場合、税理士に依頼するといいと言われていますが、例えば、相続財産の内容などについて複数の相続人がおり、話し合いがまとまっていないという場合は、先に話し合いをまとめることが必要になりますので、その場合は税理士よりも弁護士に依頼する方がメリットが大きいといえます。それぞれの相続には違いがありますので、その状況にあった専門家に依頼することが大切です。

例えば、相続財産が基礎控除以下の場合は司法書士が、相続財産が基礎控除を超える場合には司法書士や税理士が、相続する建物が未登記の場合は司法書士か税理士が、相続争いが起こっていて、代理人を立てたい場合には弁護士など、頼むべき専門家が異なってきます。

不動産の名義変更や、生命保険で完済した場合の抵当権の抹消、銀行、証券などの各種財産の承継手続、遺言の執行、相続放棄手続きなどがあれば司法書士に依頼する方がいいといえます。

このように、相続と一口にいっても、相続の内容は人それぞれ違います。一般的に相続がある場合、税理士に依頼するといいと言われていますが、相続の内容などに応じてその状況に合った専門家に依頼することが大切といわれます。